『スワロフスキービーチャームドって何?』

 

 

最近、用事があって、手芸のメッカである浅草橋に行く機会がありました。

 

浅草橋は、歩いているだけで、いつも手芸業界での流行りの動向がわかる問屋街。
今回とっても目立っていたのは「ビーチャームド」推しのお店。


「スワロフスキービーチャームド」と書かれた大きなポップを用意して、お店の一番目立つ場所に飾ってありました。そして、それぞれお客様が大勢集まってきます・・。
どうやら、とっても売れている様子・・・。

これが現在、この街で流行っているというのは一目瞭然でした。

 

そうしてグロスマーケットでもビーチャームドを扱いはじめたわけです・・・。

 
 

ところで「ビーチャームドってなんぞや?」と思われた方も多いかと思います。

 

スワロフスキーの中でも主にラインストーン使いの方々には耳慣れない言葉かと思います。

 

「ビーチャームド」はスワロフスキーの刻印が入る大き目のビーズのことです。
 


      ↑スワロフスキービーチャームドの1例。

ビーズといっても小さな穴に通すこれまでのビーズとは違い、スネークチェーンのブレスレットやすでに成形してあるネックレスにそのまま通せる程、大きな通し穴が特長のビーズです。現在、販売されているのは14mmサイズですね。

 

 

ちなみにスワロフスキーエレメントでは、「SWAROVSKI」と刻印の入るパーツが販売されるのは初めてかと思います。シャンデリアパーツなどはストラスと呼ばれて、ストラスマークが入っていますが、ブランド名の刻印はありませんでしたよね。う〜ん。この商品は、ブランドのネームバリューに惹かれてしまう日本人の購買欲をくすぐります。

 


ブレスレットなどにして身につければ、この刻印がさりげなくアクセントになります。よく見ると「あっ、スワロフスキーなんだ!」って気付かれて話題になるかも・・・。

 



作り方は簡単!スワロフスキー社製のスネークチェーンブレスも販売しておりますので、これに通すだけです。

 


これなら手芸初心者の方でも作れます。ホント、5秒でオリジナルのネックレスやブレスレットが作れてしまうのです。ポイントは好きな色と好きな個数を選んで作れるということかな・・・。予算によって数を減らすこともできるし、豪華に5〜6ケを付けて作ることもできます。個性とセンスがさりげなく出せますし、万が一同じようなブレスをしている人がいても個数や色が被る可能性は低いのです。

 


また、このブレスを購入しなくとも、ご自宅にお持ちのネックレスやブレスレットでも通せるものはたくさんあるかと思います。簡単にスワロフスキーの刻印が入ったアクセサリーに大変身します。凄いっ!!
 

 

→スワロフスキービーチャームド販売ページ
 

 

前の記事 | 目次に戻る | 次の記事

 


 
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
スワロフスキー・ラインストーンの卸通販【グロスマーケット】
スワロフスキーの通販
グロスマーケット
スワロフスキー社製品を卸販売、小売販売を行っております。皆さまのお手元に少しでも安くお届けできるよう、毎日適正価格調査に努めております。当店よりも安い他社店などがございましたらご相談ください。日本円、米ドル、ユーロの為替の状す況などにより、適切に対応させていただきます。
公式ブログ
Mobile Shop
QR